通信対戦PushOut

photon-javascript-sdkによる通信対戦GAMEです。スマートフォン用のGAMEですが、PCでもプレイできます。途中からでも参加可能で、最大同時4人プレイです。何人で遊ぶかわからないので、勝利画面はないです。チャットしながらのんびり遊べるように、音は鳴りません。
動くとは思いますが、一人ではテストプレイができないので感想が知りたいです。

クリックでゲームがスタートします

ゲームの説明
自機を動かして、他のプレーヤーを画面から押し出して下さい。8個あるパワーボールに触ると弾き飛ばされるので、うまく使って押し出して下さい。プレーヤー同士に衝突判定はないので、相手との位置を考えてパワーボールに触れて下さい。
操作キー
スマートフォン: 画面左タップで左に回転、右タップで右に回転。同時タップで前進です。
パソコン   : カーソルキー[←]で左に回転、[→]で右に回転。[↑]で前進です。

まったくわからないままスマートフォンのプラウザで動くリアルタイム通信ゲームを作ってみました。photon-javascript-sdkを使ったPhoton Realtimeゲームです。
参考にしたホームページ
①:Photon Client Javascript SDK を利用した実装テスト
https://github.com/ttak0422/photon_js
Photon」にログイン、「Your Photon Cloud Applications」の「CREATE NEW APP」で<AppId>を貰ってconfig.tsを作れば、ローカルのプラウザで動きを確認できます。何度も何度も動かしていると、だんだんわかってきます。これこそが重要です。
②:@types/matter-js
https://www.npmjs.com/package/@types/matter-js
わかりにくいサイト構成ですが幾つかクリックしていれば、typescriptで使うmatter-jsの情報が沢山のっています。
③:TypeScript+webpack 4の環境構築まとめ
https://ics.media/entry/16329/
何度も読めば、TypeScriptによるプログラミングが少しわかってきます。TSファイルがコンパイル出来るようになればそれでOKです。
④:inkball
https://github.com/mat-sz/inkball
typescriptによるmatter-jsで作られたゲームです。
プレーヤーの衝突判定も付けるつもりでしたが、うまくいかずあきらめました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の記事

通信レーシング